仮想通貨と法定通貨の大きな違いは

仮想通貨は、ネットショップなどWEB上での買い物や支払い・送金だけでなく、実店舗での支払いにも使えるものです。
日本では仮想通貨での支払いに対応した実店舗が少ないため使える場面は限られていますが、海外では仮想通貨払いができる店舗も増えてきています。

国固有の法定通貨ではなく、全世界共通の通貨のため、仮想通貨での支払いができる店舗が多い国に行く場合は、わざわざ日本円を現地の通貨に両替しなくても、仮想通貨があれば様々な買い物や代金の支払いをすることができます。

とても便利に使うことができる仮想通貨ですが、国が発行している法定通貨とは大きな違いがあります。
それが、保証がないことです。
例えば、1万円札であれば国が1万円分の価値を保証しており、その価値がなくなることはまずありません。
それに対し、仮想通貨の価値は、利用者の信用によって成り立っているもので、発案者や国が保証をしているものではありません。

多くの人が、仮想通貨に価値を見出し、欲しいと求めれば求める程その価値は上がっていくことになりますが、信用を失えばその価値は一気に下がり仮想通貨の価値が失われてしまう可能性があります。

そのため、仮想通貨は危険なものというイメージを持つ人は少なくありません。実際に、仮想通貨にとってマイナスなニュースが発表されると、相場が暴落をするということは珍しくありません。

ただ、どこまで価値が下がるかは、仮想通貨次第です。
できたばかりで信用度の低いコインや、ニュースなどの影響で一時的に価格が高騰した草コインなどは、ちょっとした出来事であっという間に価値を失ってしまう可能性があります。こうした危うさは、仮想通貨のデメリットと言えるでしょう。

ただ、国がその価値を保証していなくても、実際に保有している人や使っている人が多い通貨であれば、その価値がゼロになる心配はまずないでしょう。

仮想通貨の中でも、最もメジャーなビットコインの場合、大暴落以降も何度か大幅な下落を繰り返していますが、その価値がゼロになることはなく、今でも高い水準を保っています。

今後、仮想通貨を積極的に取り入れる国が増えたり、大企業が仮想通貨決済を導入するなど良いニュースが出れば、信用はより高いものとなっていくでしょう。

そして、様々な場面で生まれた信用が仮想通貨の価値と保証へと繋がっていきます。
保証がないと言われる仮想通貨ですが、今後の動向によってはとても安心感の高い通貨へと発展していく可能性もあるといえるでしょう。